期待にこたえて

強制給餌をするようになり、放射線治療を始めてからのことです。

月曜日に初めての治療をし、火曜日の朝の強制給餌をしていると、
シリンジの先からぽとぽとと落ちたご飯を、なんとひめが自分で舐めました!
自分からご飯を舐めることさえしなかったこの頃のことを考えると、
まるで夢でも見ているかのよう!
量はせいぜい数ml程度でしょうが、でも、舐めて食べたことは進歩です!

これが放射線治療の効果なのかどうかは判りませんが、
もしかしたら強制給餌をしたことで、体力がつくか、食べる意欲がわいたのか、
いずれにせよ良い方向に動いていることは確かです。
結局この日は、午後も自分で少しだけ食べてみるなど、意欲を見せました。
残してしまった分は、結局強制給餌になったものの、格段の進歩です。

その後も、水曜日に2回目の放射線治療を行い、
帰ってきてからご飯をあげると、なんとシリンジに入れてない状態の流動食を、
自分から食べるではないですか!
みんなの期待にこたえ、その後もひめは徐々に元気を取り戻し、
少しずつ自力でご飯を食べよう、そして動こうとするなど、
今まででは考えられなかったようなことをするようになり始めました。
そしてとてもつらかった水の件も、自分で少しずつ飲み始めるようになり、
7月21日には連日続いていた皮下天敵から解放されるまでに進歩しました!

ちょっとずつ、お水も飲めるようになる!
お水も自分で飲めるように!

3回目の照射に行った時にも、先生から「結構元気が出てきましたね」といわれるまでになり、
ケージの中でもうろうろと立ち上がっていることもあれば、吠えることもあるそうで。
放射線治療に対して反応が良いみたいです。嬉しい!
でもまだまだ始まったばかり。3回しか済んでいないのですから。
楽観視していてはいけないのでしょうね。

ちょっとだけ元気が出てきた?
ちょっと目つきが変わってきた?!

外にも興味が行くようになってきた~!
外にも興味を!
スポンサーサイト
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR