できるだけ穏やかな日々を、できるだけ長く、一緒に過そうね

今もひめは私の傍らで、穏やかな寝息をたてて寝ています。

残念な結果だったMRIから、ちょうど1週間が過ぎました。
MRIの結果ですが、昨年7月に放射線治療を受けるときに測定した際の
脳下垂体腫瘍の大きさよりも、大きくなっていることが判りました。
通常サイズ6ミリ以下の下垂体が、今回は縦22ミリ、横22ミリ、高さ7ミリもあり、
治療前も巨大腫瘍と言われていましたが、その大きさを超えていました。

真ん中の白っぽい部分が、ひめの巨大脳下垂体腫瘍です。
本来は下の小さなお皿のような部分に収まっているものが、
膨らんだお餅のように大きくなっています。

MRIの画像2

基本的に、腫瘍は放射線照射で少しずつ小さくなるものなのだそうです。
しかし今回のひめの場合は、結果として放射線治療に腫瘍が反応しなかった。
高度医療を多数手がけてきている担当医でも、
このようなケースは初めてで、海外の文献などをみても、
あまり実例が無いケースだと言われました。

脳下垂体腫瘍は、本来は良性腫瘍が多いのですが、
この4カ月足らずの間に急速に大きくなっていることから、
ひめの場合は、悪性腫瘍であった可能性も考えられるとのことでした。

そして、この腫瘍が大きくなっていくことを止める方法として、
理論的にはわずかな量の放射線の追加照射が可能だそうですが、
実際のところ、その効果やリスクを考えると、あまり意味がないとのことでした。

MRIの画像1

担当医からは、これだけの期間に急速に大きくなった腫瘍であり、
進行が非常に速いので、今後短期間のうちに状態が変化する可能性が
高いことを告げられ、神経障害が出てくる可能性を告げられました。
現在の食欲減退もそうですが、痙攣や麻痺、呼吸障害、性格の変化なども考えられ、
容体の急変も考えられるとのことでした。

そしてこの状態では、治療効果のあるものは無く、
これからの対応としては、なるべく良い状態で過ごすことを考えること、
犬のQOLを高めた生活を送っていくことが、
残された時間を過ごす最善の方法だということを、
じんわりと私たち家族に伝えてくださいました。

「今の状態ではあと1カ月、長くとも3カ月は難しいでしょう。」
辛いけれど、これが事実なのだと認識しました。


それから1週間。
ひめは頑張ってくれています。

外を散歩

徐々に容体は変化を見せ、ひめの表情も目がつりあがり、
苦しそうにハアハアすることも増え、寝ている時は白目をむくなど、
脳の異常を思わせる症状も見受けられるようになりましたが、
それでも、水を飲みたい、何か食べたい、という意思は確かにあるようで、
よろよろしながらやってきます。
ただ、それでも頭の中の何かが邪魔をしていて、
飲めない、食べられない、というのが辛いのですが・・・。

旅に出てしまいます

ステロイドの投薬で、食欲は改善するかと思いましたが、
結果はあまり芳しくなく、フードは一切食べず、
ヨーグルトと牛乳程度しか食べていなかったのですが、
それも最近では全体量が減ってきてしまいました。

筋肉が落ちてほっそりとしてしまった脚は、
自分の体重を支えるのがやっとの状態で、
歩いていてもフラフラしてしまいます。
食べていない分、余計に筋肉が減ってしまうので、
これはもう、何とかしなければいけないと感じたため、
高栄養価の缶詰であるad缶を強制給餌することにし、
指で口に運んで食べさせてみました。

また、水もなかなか自力では飲めなくなってしまい、
脱水症状がみられるようになってきてしまったので、
病院で毎日皮下点滴も受けているのですが、
それを自宅で行えるよう、医師から指導を受けてきました。
ステロイドの注射は病院でないと受けられませんが、
皮下点滴は自宅でも行えるので、少しでもひめのストレスが軽減されるなら、
ということで、実行することにしました。

ひめの状態が刻々と変化をし、
以前のひめではなくなっていくこと、
そして徐々に弱っていくような姿を見ていくことは、
本当につらいことだと感じています。

でも、そこで手をこまねいているよりも、
自分たちでできることをしていくことが、
今の私たち家族がすべきことなのだと思い、
腹をくくり、前に向かっていこうと思います。

きっと泣き泣き、これからもやっていくことになると思います。

それでも、できるだけ穏やかな日々を、できるだけ長く過ごしたい、
そう思い、そうなることを信じで、頑張りたいと思います。

基本的に寝ています

ひめちゃん、これから暖かくなるのよ。
また一緒に桜の花を見にいこうね。約束だよ。



プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR