3回目の月命日と、ひめへの想い

今日13日は、ひめの3回目の月命日です。
あれからもう、3カ月。

ひめこの成長記録としてアップすることが続きましたが、
今日は、そんな中で感じている、ひめへの想いを綴りたいと思います。


ひめこがやってきてからの約1ヶ月、私達の生活は一変しました。

≪ペットボトルなんて怖くない!≫
ペットボトルなんて怖くない!!

良くも悪くもいっぱいっぱいで、
毎日、子犬との闘いのような時間が流れていきます。

≪あたしだって闘っている!≫
ひめこのおたけび


ひめがいなくなってしまった寂しさや辛さ、
正直なところ、しみじみと感じている余裕がなくなってしまいました。
それはもちろん、ある程度覚悟していたことですが。

それでも、ひめこがやってきて、私達の生活がどんなに慌ただしくなっても、
ひめがいない寂しさや辛さは、「変わらない」のだと感じています。

ひめと向かい合えるのは、みんなが寝静まった後の就寝前のひと時。
お線香を手向けながら、「今日はどうしていたの?」
「今日は夢に出て来て頂戴ね」と、しばしお話をします。

そんな時、ちょっとバタバタしていたために押しやられていた、
ひめへの気持ちが一気に噴き出してきて、
とてつもなく悲しく辛くなります。

「どうして、ひめはここにいないんだろう」
ひめの柔らかい毛や温もり、抱っこしたときの重さや足の太さなど、
つい今まで私の手の中にあったはずのひめがいないことを、
改めて感じるのです。
まるで、ふっと現実に引き戻されたかのように・・・。

そして、その記憶が日を追うごとに、だんだんと曖昧なものとなり、
輪郭が少し薄ボケていくものになっていくことに、
とてつもない恐怖感を感じてしまいます。

まだたったの3カ月しか、経っていないのに。

人間は、辛いことは忘れていく、薄れていくように出来ているのですね。
そうでなければ、生きていくことはとても辛いことになってしまう。
確かに、私自身の今までを振り返っても、そうであったと思います。

それでも、ひめへの気持ちは、尽きぬものがあります。
かけがえのなかった時間を、振り返って感じるしかないのでしょうが、
この上も無く、切なく、愛おしい年月だったと思います。

ひめの生後2ヶ月半のころの写真です。
ひめ生後2ヶ月半

泥棒さん顔の、可愛い子です。

これは、ちょうど今のひめこと同じくらいの時のもの。
ひめとひめこ。ずいぶん雰囲気は違うものです。
ひめ生後3カ月

ひめ。
今はどうしているのかな?
時折、どうしようもないくらい、会いたくてたまらなくなるよ。
だから、夢の中に出て来てちょうだいね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ひめこchan~激しく元気にスクスクですね(@^▽゜@)ゞ。

うんうんっ(=`ェ´=)あたしも……
リーchanは忘れる訳では決してないけど~新しい子との生活で…過去の思い出になっていく事が…怖いです!!
・・・・って~思ってるのは人間のあたしたちだけで…ひめchanも~リーchanも~バタバタ笑いながらも大変そうな~元気なあたしたちを見ながら安心してニコニコしてくれてるはず!!~ですよね(o^・^o)。
あたしも…いよいよです!!

Re: No title

リーchanまま 様

そうですか、いよいよなのですね!

パピーとの生活は、本当にめまぐるしい日々になると思います。

今までだって、ずっとひめがいたんだから、
わんこのいる生活は解っている・・・なーんて思っていた自分が、
大きな勘違いをしていたのだと実感しています。
ほぼ9年ぶりのパピーとの生活は、想像以上です!

楽しくもあり、悩みもあり、体力も感じつつ、
そして何か新しいものを毎日もらいながら、やっている感じです。

ふとゆっくりとした時間に、ひめと向かい合えるときは、やっぱり切ないです。
でも、きっと私たち、そしてひめこの事を見守ってくれているんですよね。

きっとひめこは、大事なことはみーんなお姉ちゃんから教わっているのでしょうし。(^_^.)

尽きぬ想い・・・

そうですね・・・私も今でもきなこに対する想いは尽きません・・・
いろいろな想い・・・
きなこは どうしているだろう?
お空で元気に、お友達と遊んでいるだろうか?
美味しいウマウマたくさん食べているだろうか?
と、これは前向きに現実をを受け入れて
考えられる時・・・

闘病生活ばかりを思い出して、きなこのことを
考える時は、やはり落ち込んで凹んでnegativeに
なりますね・・・
本当に、できるだけのことをきなこにしてあげられたのだろうか?
本当に、あの治療法で良かったんだろうか?
もっと長く生きられる治療法があったんじゃないだろうか?
私たちには苦しそうには見えなかったけれど
本当は、きなこは苦しかったんじゃないだろうか?
もう、本当にいろいろ・・・いろいろ考えて・・・号泣・・・
なんてことが、今でもあります

でもね、やっぱりきなこと過ごした12年間は
楽しいことの方がだんぜん多かったから
きなこは、うちに来て、うちの家族になって
良かったんだ!!
私たちも、きなこも幸せだったんだ!!と
想うようにしています

今は、はちゃめちゃ破天荒とわちんに
振り回されっぱなしです(+o+)
もうすぐ、我が家に来て1ヶ月になりますが・・・
生傷は増える一方・・・(T_T)
家の中は ちらかり放題・・・(T_T)

この間なんて、娘がとわのうん〇を
しゃがんで掃除している後ろで
とわがしゃがんで、またうん〇してましたから(笑)
(たぶん、娘はとわにナメられてますね ぷぷっ^m^)

ビーチママさんのブログに
書かれている言葉が耳に
突き刺さるぅ~~~~(>_<)

Re: 尽きぬ想い・・・

きなはは 様

とわちゃんも、順調に(!?)大きくなっているようですね。
こちらのひめこは、今日で体重が4、75キロになりました。
うーん、毎日大きくなっている感じです。

生傷の絶えない毎日は一緒ですね。
大きくなってきた分、力もついてきているので、
遊んで興奮してしまったときに、カプッとこられると
被害甚大です!
バンドエイドがあっという間になくなります。

まだまだ毎日が戦いですが、
着実に成長していると感じられるのが救いです。
・・・でも、ビーチママさんの言葉が突き刺さりますよね~!
仰るとおりですもの。
こちらも一生懸命なんですけれどね。

ひめとひめこは、やはり全くタイプが違う感じで、
それは性格だけでなく、見た目にも全体の雰囲気が別物で、
ひめこの相手をしていても、思い起すようなことがあまりないために、
ひめこから離れたときに、
ふっと現実に引き戻されたように感じることがあります。

ひめはきっと、ひめこにいろんなことを教えてくれている。
そして、妹分が良い子でいるように、フォローしてくれている。
ずっとずっと、私達は一緒なんだよね。
そう思いながらも、つい泣いてしまう。
その繰り返しですね。
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR