新盆、4回目の月命日、そしてあれから1年

このところ、仕事が多忙を極めている私。
昨日はひめの新盆だというのに、お迎え火をしたのが夜の8時近く。

ひめ、ごめんね~~~!
でも、ひめっていつも家に中にいるはずなんだよね・・・。
ま、いっか!
きっとひめは、私達の亡くなってしまった娘を連れて、
一緒に戻ってきてくれているんだよね。
今年からお盆は、娘とひめ、帰ってくるんだね。

迎え火にあたる13日は、ひめの4回目の月命日です。
早いというか、もうそんなに経ったのかというか。

ひめことの毎日で、なかなかひめとゆっくりお話しする時間が取れないのですが、
それでも毎晩、寝るときはひめの骨壷を持って寝室に行きます。

その時に、ふっとひめを抱っこした時の感触をなぞらえるのですが、
それがたまらなく悲しいときがあります。

今でも私の腕の中にいる感触があるのに、
でもひめはもう、この冷たい骨壷の中に入っているのだ。
もう会えない、もう抱っこできない、もうスリスリも出来ない・・・。

心の奥底からの悲しみが襲ってきます。
どうにもならないことなのですが・・・。
そんな時は、ひめを想う気持ちを我慢せず、思いっきり泣いてしまいます。
辛いけれど、そうやって自分の気持ちを吐き出していくしかない。

きっと大切な家族を亡くされた方たちは、きっと同じ思いですよね。
そう思いながら、写真を変えてみたり、お供えを取り換えたりしながら、
昨日はひめと夜中に少し語り合いました。

新盆なのよね

あ、この、飾ってあるものがすべてセットバックされているのは、
あの、いたずらなコギが興味を持っていて、
飛びついてはクンクン!しているからなのですね。

「もうちょっとで、お菓子に手が・・・」
あつさにうだる、ひめこ

ひめは、ちょうど1年前の今頃、原因の判らない容体の悪化に悩み、
東大病院に通いつめていていました。
そして、MRIをしたところ巨大脳下垂体腫瘍が発見され・・・。

腫瘍発見から3日後には、高度動物医療センターに行き、
さらにその2日後からは12回にわたる放射線治療が開始されました。

あの頃は本当に必死でした。
とにかく助けてほしい、どんなことでも成果があるのであればやって欲しい。
そう思いました。

とはいえ、全身麻酔を12回行うことのリスクや、ほぼ1日病院に缶詰めになること、
ひめにとってはとてつもないストレスなのは判っています。
それでもやるのか・・・。でも、やらないと助からないのだ・・・。

結果的に効果があり、一時的にでもひめが元気になったことは、
本当にうれしいことでした。
その後の再発までは予想外でしたが、出来ることはすべてやった、という思いは
今の私たち家族を支えてくれている、大きな要因だと思いっています。

新盆を迎え、実はお世話になった先生方に手紙を送りました。
ひめがお世話になったこと、そしてその後、私たち家族の想いがあり、
新しい家族として、ひめこ、がいること。
きっと喜んでくれるのでは、と思い、ご連絡を差し上げました。

ひめ、今日は暑いね。
去年の今頃は、本当に大変だったね。
でも、ひめが頑張ってくれたから、ひめがもっと生きたい!って思ってくれたから、
毎回の治療も耐えてくれたんだよね。

あの時の夏の暑さが、なんとなく蘇ってきます。
とても暑く、とても悲しく、そしてとても嬉しかった夏の始まりでした。

「アタシは頑張った!」
ひめ がんばってたよね





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは。
この記事を読んで、初めて気付きました。
我が家のてんとひめちゃん、同じ月命日なんですね・・・。
てんは昨日初めての月命日でした。

私も骨壷抱いて思いっきり泣きました。
あの柔らかい体も、ふわふわの毛も、
撫でるとうっとりして甘えてきたお顔も、
記憶にはあるのに感触がない・・・。
とても切なく寂しいです。

ひめこちゃんのポッコリお腹と、キュートないたずら好きそうな顔が、
フッと笑わせてくれました。(^_^)

ムシムシと暑い日が続きますので、体調など崩しませんように・・・。

No title

ひめこちゃん、ひめちゃんとおはなししてるんじゃないかな。
「おねえちゃん、お菓子ちょうだい♪」も含めて・・・。

Re: No title

さくさく 様

あ、そういうことも言えますね~!
どうも、毎日がいたずらとやんちゃの連続なので、
虎視眈々と何かを狙っているようにしか・・・。

No title

ひめちゃんは、本当に頑張りました。
とっても偉かったね。

うちの仔の今の必死の頑張りに、ひめちゃんの頑張りが重なり
涙がこぼれます。

Re: No title

ももはる 様

ひめは、本当に頑張ってくれたと思います。
写真を何度もさかのぼってみるのですが、
正直、どんどん表情が苦しそうになっていくのが判るほどで、
それでも私達の処置を受け入れ、病気と闘ってくれました。

現在、同じような状況にいらっしゃるのでしょうか?
大変だと思います。
でも、サポートできるのはご家族しかいないと思います。
共に、頑張ってください!

危険がいっぱい・・・

うちのとわちんも、きなこのお供え物とか、お花とか、線香立てとか・・・
「興味津津」→「クンクン」→「スキあらば」→「とりゃ~」って感じでしょうか・・・(-_-;)
もう、危なくて危なくて・・・もっと高い位置にかえようか?と思案中・・・
「ここはダメ!!」って言っても・・・とわちん、「何が?」って顔してるし・・・(-_-;)
う~~~~ん、「理解力」とか「聞きわけ」とか、いつ身につくんだっけ??(^_^;)

何でもかんでも楽しくて仕方ないんだろうけど・・・
この間、フィラリアのお薬貰いに行った時
先生に「あのぉ~今さらですけど、まさかとわちん、お〇ン〇ンが
隠れてるなんてこと・・無いですよね??」と聞いてしまうくらい
やんちゃ坊主ですぅ~~~(>_<)

闘病生活って・・・貴重な体験ですよね
もちろん、愛犬には病気になんてなってほしくないけど
ワンコって、もの凄く頑張りやさんなんだ とか
平凡な毎日が、実はもの凄く幸せなんだ とか
当たり前のこととか、小さな喜びとか
改めてワンコに教えられること
たくさんあったように思います

愛犬がを虹の橋に渡って行くのを
見送った方たちの気持ちを
言葉にするって、とても難しいと思います
ひめこママさんも、tenmamaさんも・・・
(てんくんのブログも拝見していましたから・・・)

でも、ひめちゃんがいてくれたから
今、ひめこちゃんが傍にいてくれるのだし
きなこがいてくれたから、今 とわが傍にいてくれるのだし
少しずつでも、前に進んで行けると思います
tenmamaさんも少しずつ、元気になっていって
ほしいと思います(#^.^#)

Re: No title

tenmama 様

ご返事したつもりが、なされていないことに、今気づきました!
失礼しました。

そうですよね~。同じ月命日なんですよね。
まだまだ日が浅いですから、お辛いですよね。
・・・とはいっても、時間が少し気持ちを楽にしてくれはしますが、
やはり寂しい気持ち、悲しい気持ちはずっと続くものですね。

悲しい時は泣く!
私はそう決めています。
だって、我慢していると心が張り裂けそうなんですもの。
泣いたってどうしたって、現実は変わらない。
そう思っても、悲しいものは悲しい。

いたずら盛りのひめこが、時折ひめを思い起させます。
全く違う性格なのですけれどね。

・・・最近ちょっと、子犬、とはいってもデブなんじゃ・・・と思い始めました。

Re: 危険がいっぱい・・・

きなははさ~~~ん!!

そうなんですよね~!
もう、体はどんどん大きくなっていくし、
体力は付いてくるし、おまけに悪知恵はしっかり身につけてきたし・・・。

ひめお姉ちゃんのものに手を出しちゃダメ!!・・って言っても、
まだまだな~んにもわかりませんし。
この先が思いやられますよね。

とわちゃん、大きくなりましたか?
ひめこは、もうすぐ7キロに届きそうです!!

先日ペットシッターさんとお打ち合わせをしたのですが、
「4か月の割には、大きいですね~」と言われてしまい、
もしかしてデブ?ごはん、多かったのかしら?と考えてしまいました。

元気が良ければそれはそれで・・・とは思いますが、ちょっと心配!

まだまだ悲しい気持ちが続いています。
ひめに会いたい・・・何度もそう思ってしまいます。
仕方ないですよね。

でも、ひめこが何も考える余裕を与えてくれない時が多いので、
少し気持ちが楽かな?
そう、一緒に進んでくれているんですものね。

tennmamaさんも、ゆっくり元気になってくださいね!

プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR