心配は絶えない

おとといの水のがぶ飲みピーク以来、少しだけれど水の量は減ってきました。
・・・と思っていたら、今日はまたがぶ飲みです。
すでに2Lは超えていて、3Lまで行っちゃうかな?
そんなに水を飲まなくていいんだよ!

このところ気になるのは、ひめちゃんが食べ物に興味を示さなくなったこと。
以前は大好きだった炊き立てご飯も、鼻先につけても食べないし、
ご飯の用意をしていても、以前は横で待ち続けていたのに、今では呼ばないと来ないし。
今日も、夕飯では一応全部食べてはいるけれど、
大好きなヨーグルトをかけて、何とか食べたという感じ。

そして今の姫ちゃんにとっては、特におやつは優先順位が低いらしい。
確かに寝てばかりいるし、ボールでもダンベルでも遊ばない。
久しぶりに今日はダンベルで遊んだけれど、今までと様子が違う。
これはやっぱりおかしいよね。

昨日、病院に電話し、宇佐美先生に相談しました。
・食欲が落ちてきていること、
・おやつにもほとんど反応しないこと
・元気が無く寝てばかりいること
・給水量は一旦過去最高になったが、一応下降していること
 (この点は、結局今日で増加傾向に変わっちゃったけれど)

6月15日でお薬が無くなるので、その後のことも検討してもらおうと
いそいそ相談しましたが、結論は「このまま様子見」に。

水の量が減少傾向にあるならば、安定する可能性もあること、
そして、あまり一時にいろいろなことをすると、
何が効果があって、何が効果がないのか、何が影響しているのかなどが
解らなくなってしまうので、ひとつひとつやっていきましょうと。

ごもっともな事ですよね。
意味は良く解ります。
でもね、毎日毎日、見せたこともないような状態を見せられると、
とっても不安な気持ちになっちゃうのです。
何かしてあげられることがないのか、しなかったことで後悔しないのか、
ひめは何も言えないだけに、私達が最良の判断をしてあげないといけない、
という気持ちがあるもので。

とりあえず、日曜日にこれからの薬を取りに行きます。
その時に、もう一度宇佐美先生に相談しましょう。

今はこんなチビタッパーに、ほんのわずか、
30mg程度の薬を2回に分けてご飯のふりかけに。
こんなちょっとで効いちゃう薬なんだものね。お薬入れ

ひめはちゃんと飲んでいます。
これは何?ご飯のふりかけ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR