出ない答え

薬の飲み方を1日2回に変更したものの、水の量は減らず。
ただ、日曜日は若干少なめの2800mlでした。
前日、前々日よりは確かに少ないけれど、でも異常値には変わりなはい。

お薬をもらいに病院に行きました。
担当医師には、このところの状態を伝えてみたところ、再度薬の飲み方の変更指示が。
まず、日曜日はそのまま夕方の薬を服用、月曜、火曜はお休みして、
水曜日から夜の服用に変更することで、以前の夜服用時程度に状態が収まるかを
確認したいということでした。

とにかくここ数日で元気が無くなった、そして食欲が無くなったことが心配です。
クッシングの治療の影響で、アジソン病の症状ではないのかが気になって。

そんな不安な気持ちを抱え毎日を過ごすのはしんどい。
何かお話を聞いてもらえる、意見をアドバイスもらえるものが無いのか、
気になっていたところ、杉並区の某獣医さんが電話でもセカンドオピニオンをもらえると、
HPに書いてあるのを見つけて、恐る恐る電話をしてみたところ、とても親切な女医さんでした。

突然の初めての電話にも関わらず、1時間以上話を丁寧に聞いていただき、
そして現在の治療の経緯と担当医の判断についても、細かな考察を含め、
解説をしていただきながらご意見を頂くことができ、
私としては、もやっとしていたものが少し晴れたような気持ちに。

結論としては、内分泌系の病気はとてもデリケートなので、
より詳細なデータを確認しながら、微妙なさじ加減で対応していく必要があるため、
大学病院での診察を行ったほうがよいというご意見でした。

なんか後ろ押しをされたような気分です。
診断の難しさは承知しているけれど、1カ月以上の間いろいろな事をやり、
そしてまた今、前と同じことをもう一度やろうとしていることに不安を感じていました。
ひめの症状が刻一刻と変化し、辛そうな様子を見せているのにもかかわらず、
何だか手をこまねいてみているような感じで。

いずれにせよ、紹介をしてもらっても予約に時間がかかることでしょうから、
今のうちからお話をしてもらってもよいのではないかと。
とにかく、まだ打つ手はあるのだから。
明日、担当医師に連絡をしてみようと思います。

日曜日は、リビングの大幅レイアウト変更!
ひめちゃんの看護体制をひくよう、みんなで寝られる体制を作りました!
マットレスの巨大ひな壇登場!

ソファとの段差も小さくなり、これならひめも乗り降りしやすいでしょう。
もう、リビングは看護体制一色!ひめ、安心していいよ!
ひめちゃんが寝るには大きすぎる

日曜日は比較的気分がよかったのか、ちょっと元気もあったのよね。
久しぶりにロングリードをつけて、庭を一人で散歩の気分。
ボールもちょっとだけ追っかけてみた。やっぱり楽しいよね。
でも、今はまだ体力と筋力が無いのよね。元気になったらリハビリだ~!
今日はちょっと気分よかったので、ロングリードで庭の散歩

【6月13日のひめさま】
お薬をやめて1日目。
日中はあまり寝ていることもなく、比較的元気でいきいきした様子。
食欲もまあまああり、夕食は自分から進んでやってきた。
今日は鎌倉からメイドさんが登場(私の姉)。
昼に寝ている時は、やはりけいれんが見られたらしいが、
私が帰宅してからは、あまりけいれんを見せない。
やっぱり薬が影響していたのかしら?
水の量は、薬をやめたために一気に増えて、おそらく朝までに4L近くなりそう。
恐ろしい・・・。
ひめちゃん、お水飲まなくてもいいのよ。でも、頭の中の何かが、
お水を飲め!って命令しているんだよね。

ひめ、頑張ろうね!

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR