迷宮入りなのか・・・

7月1日に東大病院に行ってきました。
午後の診察だったけれど、結構混んでいたな~。

再度卵巣と副腎をエコーで診てもらい、
尿比重も測定しました。

その結果、卵巣も副腎もどちらもエコーで見る限りは異常は見受けられず、
そして尿比重も1.005とまだまだ薄いチッチだったようでした。
卵巣も副腎も、異常が無かったのは良かったようにも思うけれど、
結局、今回のプロゲステロンの数値が3.12と高く、
この時期であれば基準として0.7以下であるのと比べると、
明らかに異常値を出しているとのこと。
でも、その原因が突き止められないと。

卵巣に異常が見受けられれば、摘出することで対処できるけれど、
こうなると話が難しくなってしまいました。
副腎に問題があるとすれば、アドレスタンを使用しながら、
足りないホルモンを補ってあげるような治療をすることで
改善が期待できるとのことでしたが、その診断がばっちりあてはまるわけでもなく。
あとは、下垂体の異常があるかどうかをMRIで診てみることになります。
その場合、基本的には線種があるかどうかになるのだけれど、
線種が大きい場合は放射線治療で対処し、
場合によっては外科手術での対応も、
まだひめが7歳という比較的若い年齢なので考えられると。
MRIは全身麻酔でなく、睡眠薬で対応できるので、
リスクも比較的少なく済むそう。

下垂体か~。ただ、脳に障害をきたしている場合は、
もっと表情がうつろになっていったり、いろいろと出てくる症状があるらしい。
ひめの場合は、宅急便や郵便局には敏感に反応しているし、
まだまだシャッキリしているところがいっぱいあることを考えると、
下垂体でもないように感じてしまうのだけれど。
素人判断は良くないけれど、本当にどこに原因があるのか判らないことが、
ある意味どうすることもできないので辛いな。

水分量も一段と減ってきていることもあり、
とりあえずは様子見することに。
2週間程度を目処に、様子を見ながらやっていくことに。

そんなひめちゃんは、今日(7月3日)は食欲がダダ下がりで、みんなが当惑。
朝も昼も、半分程度しか食べてくれません。
食べてくれなくなっちゃうと、本当にどうしていいのか判らなくなるし、
ますます不安になってしまう。いつも同じ体調ではないだろうけれど、
明日からのご飯対策を何とかしないと!ということで、
ウェットフードとモイストタイプのフードをあれこれ用意してみました。
食べやすさは、このほうが良いのかも。
今日は夜にサイエンスダイエットのシニア缶、ビーフを混ぜて食べてみました。
やっぱり2割くらい残しちゃったけれど、でもまあまあとしないとね。
明日からまた、今度はフードで一喜一憂になりそうです。

脚の状態はこんな感じ。20110703脚の毛はこんな感じに
内側はもうちょっと生えてきていて、こんな感じ。まだ少ないことには変わりないけれどね。
20110703内側は結構生えてきている!



大好きなソファで気持ちよく寝ているけれど、ホントに寝てばかりだよね。
20110703大好きなソファ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR