いよいよ放射線治療をスタート!

日本動物高度医療センターは、川崎市ですが、田園都市線の玉川新地のそば、
多摩川沿いの道の途中にあります。
自宅からは車で約1時間、決して近くはないけれど、
通える範囲であることは幸いでした。

いよいよ放射線治療を始めます。ひめとは夕べ決意表明!
放射線治療を受けることに!

あたし、頑張るわ!
明日からいよいよ治療開始なのです


7月15日(金)、9:30の予約で初めての診察に。
こちらでのご担当は菅井先生、男性のまだ若い医師です。
東大病院からの資料を確認し、今回の巨大腫瘍について、
その治療方法などをお話しいただきました。
やはり唯一の治療方法は放射線治療しかないと。
そして、先生自身もこれだけ大きな下垂体腫瘍を治療した経験が無いと、
なので、予想される今後のことが難しいことも伝えられました。

でもね、これをするしかひめが命を永らえる方法が無いのだよね。
であれば、できることをするしかない。結果がどうあれ、今できることで
ベストな事をするしかないのだから。
とにかく、予後がどうあれ、助けてほしいと再度お願いを。
一緒に生きていかれればそれでいいのです。

当日は、放射線治療を始めるための準備をして、
再度CTをとることになり、また麻酔のかかり方を確認することもあり
結局全身麻酔に。
麻酔で怖がってはいられないのですよね。
だって、これから行う放射線治療は、毎回全身麻酔なのだから。

治療の方針としては、毎週月、水、金の3日間、4週連続で合計12回、
放射線照射を行います。
この日程は変更することができず、必ずこの日程で行わなければいけません。
毎朝9時頃に病院に入り、先生にお預けして治療をしていただき、
夕方17時以降にお迎え、というスケジュールです。
うーん、仕事をしている身には少々辛いですね。
でももう、ここまで来たのだからどうこう言っている余裕はなし。
とにかくやるしかない!というこで、後はなんとなかる!と信じ
治療をスタートすることとしました。
初日は7月18日(月)、海の日です。

治療方針のポスターが貼ってあります。良くなったネコちゃんの腫瘍の事例が
写真入りで紹介されています。
ひめもきっと良くなれるよ!
日本動物高度医療センターの放射線治療の方針
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR