ひめの、3回目の命日と、ありがとうの気持ち


季節が春を迎えて入れようとしていることを知らせるように、
我が家のさくらんぼの花が、咲き始めました。

0315さくらんぼ

今週は忙しい週でした。

3月13日は、ひめお姉ちゃんの命日です。
ひめがお空へと旅立ってから、3年が経ちました。

元気そのものだったひめが、前十字靭帯断裂の怪我から脳下垂体腫瘍を患い、
1年間の闘病生活を送っていた時のことは、
まだ鮮明に私の記憶に残っています。
あれから、もう3年。

03153回1

実はまだ、ひめのもので捨てられないものが沢山あります。
その一つが、お風呂場で使っていたスポンジ。
ひめの日常生活を感じられるものが、どうしても捨てられない。
ここにいたんだ、というリアリティのあるものが、捨てられない。

いつもと同じように、この日はひめが旅立っていった時間に、
(朝方の5時、という早朝なんですけれどね)
骨壺をぎゅ~~っと抱きしめていました。

まだ私の手には、ひめの頭の大きさや、前足の太さ、
抱っこした時の体の重みや、後ろ脚の筋肉を、しっかりと覚えています。
だからなのか、いつもひめこの頭をなでると、前足を触ると、
小さいな~、と思うのです。

03153回2

生花は送り出した時のことを連想させるので、
普段はめったに買わないのですが、
この日はたくさんの花を買ってきて飾りました。

8歳で旅立っていったひめ。
決して穏やかではなかった闘病生活と最期の時は、
ワタシにとってはつらくて悲しいものなのですが、
3年という月日が、そんなワタシの気持ちを少しだけ変えてくれました。

ひめがいてくれて、ありがとう。
楽しい時間を一緒に過ごしてくれて、ありがとう。
落ち込んでいたワタシを、前へと歩かせてくれたのは、ひめがいたから。
ひめがいたから、今のワタシがいるんだもの。

今更なんですけれど、やっとそんな気持ちになれたように思いました。
ちょっとニッコリとしながら、ひめに語りかけることができました。

03153回3

ケティママさんから頂いた、ひめのお名前札。
「エンジェルクラブ」のお名前札です。
これをつけて、虹の橋でもお友達たくさんできているかな?

まだまだ涙で霞んじゃうこともあるけれど、
でも前へ、前へと進んでいかないとね。

そして、そんなワタシの足元で、じっと見上げているひめこ。

03153回4

15日は、ひめこの3歳のお誕生日です♪
この日は、いつものワンともメンバーとのバースデーパーティ、なんだな~。
お名前入りクッキー、たくさん焼いてみました。

その楽しいパーティーの様子は、この後で~(^^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ひめちゃんの命日だったんですね

あっちへいっても こんだけ思われてひめちゃん幸せですね

自分はひめこちゃんのお誕生日のことが先行していました ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪

パーティーの様子楽しみにしています

No title

ひめちゃんの3回目の命日…あれから3年経ちましたね。
もうなのかまだなのか、その時々の気持ちで時の長さの感覚が違ってきたりしませんか?
腕や手のひらに抱いた身体の重さや撫でた毛の感触って忘れることのできないものですね。
3年経って、新たにひめちゃんが齎してくれた幸せをじっくりと感じ、ニッコリとしながら語りかけることができて
何よりでしたね。

ひめちゃんは虹の橋「エンジェルClub」でエプロンを着けて、妹分のひめこちゃんのお誕生日ケーキ作りのお手伝いをしようと張り切っていたわね♪
予行演習もしたし心強い助手もいるので、きっと美味しいシフォンケーキが焼けたかな?^^
名前入りのクッキーも可愛い〜♪

ひめこちゃん、3歳のお誕生日おめでとう〜♪♪♪

No title

朝 こちらにうかがったとき たくさんの想いが伝わってきて
コメが書けませんでした
お誕生日のちょっと前なのですね
エンジェルクラブ・・・(涙

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり・・・

ひめこちゃんごちそうたくさんよかったねえ~
お誕生日おめでとうございます

Re: No title

ルル父 さま

命日っていうのは、なんだかとても意識してしまう日なんですね。
あれからどれくらい時間がたったのだろう、とか。

悲しいことって時間が解決してくれる部分が多いと
私自身は感じているので、過ぎていった時間と
自分の気持ちをなんとなく推し量る時なのかもしれません。

お誕生日、アップしないと~!

Re: No title

kettymama さま

あれから3年です。
ママにはひめの脚が不自由になった時に、
いろいろと工夫を凝らしたリードを作ってもらいましたよね。

たったの1年だったのかもしれない、ひめの闘病生活だったけれど、
いろんなことが凝縮された時間だったと思っています。
あまりに強烈だった期間なだけに、残る思いもいろいろなのかしら。
悲しいことが思い出になってしまうのはつらいことだもの。
楽しかったことや、嬉しかったことを沢山思い出したい。
そんな風に思えるようになったのかもしれません。
それもこの、3年という時間がかえてくれたのかな~。

そしてひめこの存在も、もちろん大きいのだと思うのです。
今でもダブることはたくさんあるのだけれど、
個性は違うけれど、同じうようなことをすることも多くて。

少しずつ、前へ進んできたのかな?

ひめこのバースデー、アップしないと~~~!

Re: No title

さのあママ 様

ひめが旅立っていったのが、13日。
そして、ひめの姿かたちがなくなったとき、
荼毘に付した時が15日なのです。

そして、ひめこがこの世に姿を現したのが、15日。

ちょっと繋がっているんです。

ひめへの想いは、尽きぬものなのですよね。
脳腫瘍という病気は、けっこう惨い病気なので最期も壮絶です。
焼き付いて離れない大変だった時の記憶もあるのですが、
楽しかった時の記憶を、もっと思い出したいなと。
ひめのことが、悲しい想い出でいっぱいなのは、良くないですよね。

ひめこのバースデー、やりましたよ、また!
で、頑張ってアップします~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初めまして

鍵コメ さま

いろいろご心配ですね。
ワタシのブログの記録が、少しでもお役に立つのであれば幸いです。

飼い主さんとして、どのように対応するのかは、いろいろあると思います。
ただ、病気と闘うのかどうかは、まずどこがどう悪いのか、
病気のもとをきちんと確認された方がよいのでは、とは思います。
不安と心配で張り裂けそうな気持だと思いますが、前に進むことも重要かと。

お薬も治療法も、どんどん進化していますし、
なによりもその子の状態に合わせた治療は、きっとあると思います。

心配でしょうが、その子の命は飼い主さんの手中にありますものね。
一緒に頑張ってください!
ワタシでご相談に乗れるのであれば、いつでもご連絡くださいね。

ありがとうございます

話を聞いていただけて少し気持ちが楽になったような感じがします。
今は胆嚢摘出後の経過観察中でしばらく血液検査をしなければならないとのことで、クッシング症候群については症状ご出ていないので様子を見ていきましょうと言われています。
主治医と家族とも話し合いながら行きたいと思います。
文太のことも心配ですが、子供たちや主人もペットロスを経験した事がないのでそちらも心配しています。
(私自身は結婚前より実家で飼っていた犬と猫を亡くしているのでわかってはいるものの、怖い思いの方が強いです)

ひめこちゃん、とても可愛らしいですね。
こちらも癒されています。

わからないことがあれば、また聞かせてください。

Re: ありがとうございます

ヨーキーfamily さま

いろいろ悩みますよね。
診断結果がハッキリしていないと。
とはいえ、何かしらの原因があるはずだと思うので、
今は重荷にならないように、治療と検査を進めていくのがベストなのでしょうね。

方針を決めていくのは、悩みどころだと思いますが、
決めたからには立ち止まったり振り返ることなく、
これが最善の方法だと信じていくことかな、と思います。
ワタシの過去の経験です。

何かあればいつでもご連絡くださいね。
少しはお役に立てるかもしれません。
頑張ってください!
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR