4回目の、命日

3月13日。
ひめお姉ちゃんの、4回目の命日でした。

あれからもう、4年。

0313ひめお花

今日もいつもと同じように。朝の5時からひめと一緒の時間を過ごしました。
ひめが虹の橋へと渡っていった時間に、お骨になってしまったひめのことを、
ギュッと抱きしめて。

あの時と同じように、ひめと一緒に夜がだんだんと明けていくのを眺めていました。
あの時も、寒い朝だったね。
今日の朝日の明るさや、空気の冷たい感じが、
まるでひめとの別れが、ついこの前のことのように思わせるものがありました。


ひめが我が家に、来たばかりの時の写真です。
泥棒さん顔コーギー。
お口の周りが黒くって、女の子なんだけれどお髭があるみたいで。

0313ひめパピー

ひめは、人懐っこいけれど、
ちょっと神経質で、怖がりでした。

そしてお洋服をほとんど着たことがありませんでした。
女の子だから、いろいろやってあげたかったんだけれど、
嫌がってしまうので、何も着けららず。
その中での貴重な写真。

0313ひめサンタ

旅行に行くにも、大人数が集まっていたり、賑やかだったりすると
途端に怖くなってしまって・・・
もちろんドックランなど問題外。

0313ひめフットルース

どこに行くにも、人気があまり無くて静かなところを選んで旅行していました。
宿もなるべく小さめの宿に泊まるようにして。
それでも、一緒にお出かけするのは好きだったのよね。
いろんなところにお泊りしたよね。

0313ひめ房総

一番好きだったのは、ボール遊び。
とにかくボールがあれば、それで満足。
ひめにはいったい何個、ボールを買ってあげたのかしら。
大好きなボールは、まとめ買してストックしておいたよね。

0313ひめボール

庭が大好き。
庭で走っているのが大好き。
ボールで遊ぶのも大好きで、いつも暗くなってもボールを持ってきては
投げろって催促していたよね。

0313ひめ庭

ひめが家族になってくれたから、いろんな楽しいことがあった。
ひめと一緒に過ごすことが、一番楽しいことだった。

もっともっと長く、一緒にいられると思っていたけれど、
ずいぶんと早くに、虹の橋に行ってしまったね。

0313ひめ庭バラ

4年たっても、まだまだひめのことを想うと、
寂しい気持ちに変わりはないものだけれど、
ひめがいたから今のワタシがあることに、そっと感謝する、
そんな日が命日になったかしら。

ひめ、家族になってくれてありがとう。

そして、ひめが引き寄せた縁で、我が家にやってきたイタズラっ子も、
15日には、4歳になるね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

4年ですか
何年たっても同じ気持ちですよね
ひめちゃん、ママを助けてあげてね
ママ泣き虫だからね、笑って!って言ってね
早く行き過ぎだよね、ひめちゃん
あわてんぼさん
ひめこちゃんも良い仕事してるけどね
ひめちゃんの代わりにはなれないもんね
「感謝の日」いいですね

No title

読ませて頂いてる最中
ちょっと、こみあげてくるものがありました。
歳のせいか、最近、涙腺がよわく…

何年たっても、忘れられないですよね。
でも、ちゃんと
虹の橋のたもとで、しっかりと
ママさんを見守っていると思いますよ。

ひめちゃん!
虹の橋で、ちょっと太めのビビリん坊がいたら
我が家の先代犬こてつなんで、たまにはデートしてあげてください♪

No title

あれから4年・・・「もう」なのか「まだ」なのか。
あの時のママさんのお気持ちが、まだしーんと私の中にもあります。

ひめちゃんは、お庭のお花がとても似合う女の子よね。
特にチューリップ🌷って、画像を見て思いました。
ボールろ投げろって、エンドレスに催促する姿はケティの若かりし頃の姿とダブります。

そしてひめこちゃんの4歳のお誕生日おめでとー🎉
虹の橋のひめちゃんが、私の引き継ぎお願いよ!とパパとママの元に届けてくれたのよね。
「ひめこ」は「ひめこ」らしく、毎日楽しく過ごすのよ♪って、ひめちゃんはきっと思っていると思います。

そっと感謝する日・・・そんな日をひめちゃんは作ってくれたのね。
いつまでも親孝行なひめちゃんだね❤
モッチロン、ひめこちゃんもね!

Re: No title

マロ母さん様

ひめのこととなると、いつまでたっても涙腺弱くて。
毎日毎朝、ご飯をお水とヨーグルトをあげて
話しかけているのに。
それでも心のどこかは寂しくって。

ひめことひめは、別々の存在ですものね。

夢でもいいから出てきてほしいんだけれどな~。

Re: No title

アトム父やんさま

先代がいる飼い主さんであれば、
きっと同じようなお気持になりますよね。

いつまでたっても色あせることのない、
カワイイわが子のことですものね。

なかなか今のような気持ちにまで、なれなかったものです。
どうしても悲しさが先に立ってしまって。
でも、これも時間なのでしょうかね。
感謝する、そんな気持ちに少しずつなってきたように思います。

こてつくん、ひめと遊んでくれるかしら♪

Re: No title

kettymama様

あっという間の4年間かな~。
でも、その間にひめこが登場しているので、
ずいぶんと前のことのようにも感じていて。

ひめの存在は、いろんな意味で特別なので、
どうしても指折り数えてしまいますね。
闘病生活は、ひめにとっても大変だったと思うものの、
少しでも一緒にいたかった、私達の気持ちは
解ってくれていたかな~って、今でも思います。

ひめこの存在は、そんなこんなもひっくるめて。
違う意味で、この子がいなければ今の私もなかったと思うし。

どちらも大切な家族だもんね。
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR