振り返ってはいけない。・・・のですよね。

今日は天気も良く、暑いくらいの一日だったため、
ひめちゃんはずっとハアハアしていました。
クッシングの症状で、あえぎ症状が出ているのかな?、とちょっと心配だけれど。
でも、すやすやと寝ている時もあるので、大丈夫かな?

暑かったのであまり外にも出ず、家の中で普段通りの一日を過ごしました。
ボールで遊ぼう!

ひめちゃんの大好きなボール遊びをしてみたり、
窓から外を眺めては、番犬をして吠えてみたり。

夜も見張りは欠かせない!

ごくごく普通の一日を過ごし、ひめちゃんはまったりとしていました。

夜も見張りは手を抜かない

体調も安定しているように見え、今日も給水量は少なめです。
この分でいくと、1200cc程度でしょうか。

最近は抜け毛も多くなり、今日はブラシをしたけれど、結構抜けたね。

ブラシをしていると、ひめの体をあちこち触ることになるので、
何か異変が無いかをチェックできるよう、なるべく顔を近づけて見ていきます。

そんなとき、ひめの体が以前に比べて、
ふたまわりも、みまわりも、小さくなっている事を思い知らされます。

半年前までは、筋骨隆々としていて、
がっしりとした肩の筋肉に、ずっしりと太く思い脚、
そしてプリッと筋肉が隆起した後ろ足、
そんな「女の子離れ」した体育会系の体だったのにね。

今では、細々とした手を、華奢な肩がささえています。
体は他の犬かと思うほど小さくなった分、
皮膚がたるんでしまっているため、
ブラシをしている時は、手で延ばさないとかけられません。

頭をなでれば、まだまだ骨の上に皮が乗っているような感じで、
すっかり小顔になってしまっています。

もちろん、生死の境をさまよっていた以前と比べれば、格段の違いはあります。
でも、私の手や腕が覚えているひめの体格は、もっとマッチョだったのです。


振り返ってはいけない。・・・のですよね。

ご飯を待つ

判っていても、時折、発作的に以前を思い出すのです。
そして、今ではできなくなってしまったことを、頭の中を思いめぐらせてしまいます。

大好きな庭で走り回ることや、
投げたボールをジャンプして取ってくること、
私のもとに走ってやってくることも無理でしょう。

毎年2回は行っていた、ひめちゃんとの旅行も、もう難しいね。

生きていてくれる、そして私のそばにいてくれるだけで、充分なのだけれど。
それでも、もう以前のようにはなれない、という事実が、
時折とてつもなく悲しく、どうしようもない気持ちに私を誘うときがあります。

欲が出ちゃったかな?
ほんの2-3か月前は、東大病院に行っても、高度動物医療センターに行っても、
「できる限りのことをして、何とか助けてください!!」と、
最敬礼で、涙ながらにお願いして回っていたのにね。

木曜日は高度動物医療センターの診察です。
下垂体腫瘍、少しは小さくなっているかな?
脳内出血、していないよね?

ひめちゃんが、毎日こうして迎えてくれることが、私の生きがいです。
深窓の令嬢

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

初めまして♪

コーギー♀13歳10ヶ月のロビーと暮らしています。
我が家のロビーも「クッシング症候群」で発病から
3年目になります。

ひめちゃんはまだ7歳と若いのに「クッシング」とは
とてもかわいそうです。

ブログを遡って読ませていただきました。
ロビーはMRI検査は受けていないのですが
脾臓の腫瘍はなく、ステロイドの服用もないと
消去法で「脳下垂体」のクッシングであろうと
診断されました。
私も飲水量、左右対称のハゲなどから「クッシング」を
疑っていましたのでショックは少なかったです。
多分ロビーの下垂体腫瘍はひめちゃんよりは小さい
と思われます。
現在はトリロスタンを服用して状態は落ち着いています。

私も色々検索しましたが「脳下垂体クッシング」は
とても変な病気です。
まっ 癌とかも同じかもしれませんが個々の病状が
違いすぎて、他のケースを参考に出来ません。

ロビーも最初薬の量が多すぎで飲水量がピタっと
止まってしまい、動かなくなってしまいました。
私はとても驚いて分量を半分にし、毎日観察しながら
自分で薬の量を決め飲ませました。
試行錯誤しながら失敗を繰り返し、薬を止めた時も
ありましたよ。
その時ひめちゃんがなったように身体をぶるぶる
震わせていました。
トリロスタンは強い薬なので止めると麻薬患者のように
依存後遺症がでるのではと考えています。

免疫力の低下から「アカラス」を発症して、去年は全身に
広がってしまいました。
ホルモン系の病気は皮膚病を発症しやすくなります。
今 ひめちゃんの耳の毛が抜けるのはちょっと心配。

治療で脳下垂体の腫瘍が小さくなれば
ひめちゃんも元のようにとはいかないかもしれませんが
お散歩したり旅行だっていけると思いますよ。

ロビーは海水浴が趣味なのですが「クッシング」3年目
今年も泳ぎましたよ(笑
私もどうしてロビーが。。。って思ったこともありますが
今生きて一緒にいてくれるだけで幸せです。

変な病気?「クッシング」ですが、何とか上手に
付き合っていきましょう!

Re: 初めまして♪

ロビーママ 様

コメント、ありがとうございます!

ロビー君もクッシング症候群なのですね。
クッシングは、薬の微妙な量で容体が変わってしまうため、
飼い主さんの根気強い管理が必要だと言われましたが、
本当にその通りだと思います。

ロビー君は、アドレスタンを何ミリ飲んでいらっしゃるのでしょう?
ひめは先生のご指導で、朝1回30mgを飲んでいますが、
前回病院に行った時、20mgを朝に飲み、10mgを夜に飲む、という方法もあると
説明されたのですが、これだと一日中薬が効きっぱなしになるので、
効きが緩いときもあったほうが良いだろうから、ということで
現在の処方になっています。

ひめは巨大な下垂体腫瘍が原因のため、今後放射線治療の効果がじわじわとでも出てくれば、
クッシングの症状にも変化が出てくるだろうといわれていますが、
注意深く見ていないと、今度は機能低下症としてアジソン病になってしまうので、
毎日の記録が欠かせません。

ロビー君は、クッシングの症状以外は大丈夫ですか?
ひめは、クッシングによって筋肉が弛緩してしまっていたために、
前十字靱帯断裂の怪我をしたのではないか、と言われていて、
そのために、反対の足も切る可能性が高いので、
不用意な運動は避けるよう、普通に歩いていかれる程度でそれ以上のことを望まないよう、
整形外科の先生からは指導されています。
なので、ちょっと元気ではしゃいでしまうと、こちらはハラハラです。

アラカス、 の件、情報ありがとうございます。
確かに、クッシングの子のブログを見ていると、アラカスの治療をしている子が多いですよね。
シャンプーできるような状況ではなかったので、それならそれで良いか、と思っていましたが、
やはり清潔に保つことは重要なのですね。

木曜日のMRIの結果を見てから、シャンプーも含め今後の対応を考えようと思っています。

また、立ち寄ってください!
愛するわが娘のために、私も頑張りたいと思いますが、
先輩コギとして、ロビー君も頑張ってください!


プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR