容体の変化と、神頼み

実は年末29日以来、ひめちゃんの病状に変化があります。

お水の量が、このところずっと500CC前後で収まっていたものが、
29日以降600になり、700になり、900になりと、
お正月にかけて増加傾向にあり、ついに1000ccを超えてしまいました。

状態に変化が見られたので、急遽東大病院に連絡をしました。
このまま少し様子を見るべきなのか、それとも緊急性があるのか。

脳下垂体からのホルモン分泌が、また亢進されている状態であれば、
クッシングの症状が再度出てきたことになるのでしょうが、
このまま、ひめの負担が大きくならず、私達がチッチを注意してケアしていれば、
ある程度の多飲多尿であっても、お薬を飲まなくても大丈夫なのではないかと。

しかし・・・
担当医からは、「一度来院して診せてください」と言われてしまいました。
20日(金)の10時に、診察予約を入れることになりました。

1.5L程度の水の量であれば、チッチの回数は多くなるので大変だけれど、
今までケアしてきたことを考えれば、私達は慣れっこになっているので何とかなるかなと。
微妙な下垂体のホルモン分泌に、薬で対応していくことに、
少々不安な気持ちもあり、何とかならないのかな~、と思っていた矢先のこと。

・・・残念ながら、昨日はついに水の量が2Lを超えてしまいました。
こうなると、夜中にもチッチの催促があるため、
結構面倒をみるのが大変になります。
そして、何よりもひめが、普通の生活にはならなくなってしまうので大変に。
病院も予約しておいたので、結果良かったのですが・・・

何だかとっても悲しくなってしまいました。
頑張っても頑張っても、ひめの病気は治ってはくれないのだという事実に。

東大病院でも、高度医療センターでも、
「今までに見たことがないくらい大きい、脳下垂体腫瘍だ」と言われてしまったものの、
放射線治療の効果があって、クッシングの症状は2カ月以上押さえられていましたが、
もしかしたら、このまま状態が安定するのではないか、という淡い期待を持っていたので。

それでも諦めることはできないし、できる限りのことをしていくと決めたのだから、
私たち家族は前に進んでいくしかないのだけれど、
それでも時折、そんな心が折れてしまい、
ただ、「悲しい」という気持ちに、負けてしまうことがあります。
辛いね・・・

そんな行き場のない気持ちを持て余していた今日のこと、
市ヶ谷の、市谷亀岡八幡宮に行って参拝をしてきました。
ここは、ペットと一緒に参拝ができる、ペットの健康祈願をしていただけるところで
有名なところです。

まず、最初にある石段の数でめげそうになりますが、
ひめの為なら、石段なんて何段あっても頑張るぞ~!と息巻きます。

市谷亀岡八幡宮

やっと上がると、そこは広い境内。
広々とした境内

境内には、まあるい輪が施されており、これは「茅の輪」というものらしく、
ここを8の時を描くように3周すると、厄おとしになる、と書かれていました。
厄落としの輪

説明書きも書いてあり、みなさん8の字を描いて回っていました。
茅の輪

続けて、ひめちゃんの健康祈願を、空いていたのでたっぷりとさせていただき・・・
さらに、絵馬にも病気の容体安定を祈願し・・・
絵馬も納めてきました

最後に、ペット傷病平癒御守、なるものを購入。
「ペットのご病気や、ケガの回復を祈願してあります」と書いてあります。
御守り女の子用

そんなこんなで、私の気持ちも少しスッキリしました。
今、ひめのためにできることをしていく。
私ができることをしていく。

ひめちゃん、神様にお願いをしてきたからね。
少しでも元気に、少しでも長く、一緒の時間を過ごそうね。
だって、ひめは私の宝物なのだから。
これでひめはパワーアップ!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ひめちゃんがんばれ

Re: No title

さくらママ 様

応援、ありがとうございます。
大切な家族の、あまりに急な、あまりに重篤な病気に、
悲しくてたまらない気持ちになってしまいがちですが、
ひめは頑張って、毎日を自分の過ごしたいように送っているわけで、
そんなひめを、私は精いっぱいサポートしていこうと思っています。

プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR