手を変え、品を変え・・・でも、食べられないのね。

新しいお薬、フロリネフを飲み始めて6日が経ちました。

結果としては・・・あまり食欲はぱっとしません。
こういう状態になってから、ひめの様子をさらに細かくチェックして
記録をつけるようにしましたが、
東大病院で薬をもらってきてからも、
食欲が改善された、というほどにはなっていない状態です。

基本的にご飯を食べている(食べさせられている)時と、
おしっこに行きたくなった時、くらいしか起きておらず、
食事が終わると、そのままドデ~ンと横になってしまい、
かなり深い眠りについてしまいます。

苦しそうなカッコでも寝ちゃうものね・・・
だるいのでどんなカッコでも寝る

フードの量は、多い日でも30g程度しか食べていません。
これはひめにとっては、普段の3分の1以下。
今日にいたっては、20gも食べていません。
でも、大好きなヨーグルトと牛乳は、多いときには500g位を食べてしまうので、
脱水症状になるわけでもなく、何とか体重も減らずにいるところが
不思議なようでいて、助かっているところです。

なので、ヨーグルトと牛乳で少しでも栄養をつけてもらえるよう、
ジャージー乳のヨーグルトと、やや高脂肪の牛乳に切り替え、
少しでもベースから底上げできるようにしています。
お腹も壊さないし、うんちゃんも毎日ではないけれど、
ちゃんとしたのも出てるしね。
ひめはお腹とかは丈夫だものね。

それ以外に食べるものは、本当に続くものが無いのですが、
こうなったら何でも食べたそうにしているものがあれば、あげてしまおう!
ということで、いろいろ試してみました。

鶏のから揚げ、チキンナゲット、ささみチーズ、レザンジュのクッキー、
トラピスト修道院のガレット、犬用のチーズ、子犬用の缶詰、
鶏肉、鶏レバー、砂肝、ほし芋、イチゴ、・・・

食べ方も、パッと反応するわけでなく、
何度も口から出してしまったりしながら、最後にちょっとかじってみたら、
少し勢いがついたような感じになり、食べ始めることが多いかな?

テーブルの上には、常にいろいろなものが出ています。
いつでも、ひめが食べようという気持ちになったら食べられるようにね。

それでも、続けて食べたのはトラピスト修道院のガレットくらいかしら。
もともと大好きなもので、取り寄せておいて助かりました。
バターの香りが良く、シンプルですが香辛料などを使っていないので、
身体にやさしい味がするので、これならばひめも食べていいかなと。

他のものは、ヨーグルトをかけてみたり、トッピングに乗せてみたり、
手を変え品を変え、思いつく限りのことをこの数日間でやってきました。
とにかく食べてほしい、体力を落とさないでほしい、という一心です。

MRIには28日に行く予定です。何とか無事に検査を終えないとね。
下垂体腫瘍がどうなっているか、周りの正常細胞がどうなっているか、
その確認ができれば、次の打つ手が選べるでしょうから。
どうか早く、この状態から抜け出せる策を、薬を出していただけるよう、
先生にお願いしてこないとね。

何だかだるそうに見えるひめの顔。
もうちょっとだから、頑張ろうね!
(チッチから帰り、抱っこされて脚を拭いてもらっているところです)
脚を拭いてもらっています

そんな今日は、ばあやの誕生日でした。
ケーキを買い、もしかしたらひめが反応するかも・・・と思いましたが、
こんな感じです。
今日はばあやの誕生日だよ

せっかく、チョコレートとかひめが食べられないものを抜いてもらって
作ってもらったのだけれど、全く興味なかったね。

試しに大好きなイチゴをつけて、一切れ持ってきたけれど、
生クリームがお鼻についても、それすらも舐めませんでした。
鼻に生クリームでもダメなのね

ひめちゃん、せっかく大変だった放射線治療から半年以上頑張ってきたのだもの。
この山を何とか一緒に乗り越えようね。
・・・というつもりの握手をしてみても、全く目を覚ましません。
ひめちゃんと、誓いの握手

何が起きているのか不安ですが、
できることは何でもするから、一緒に頑張ろうね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

かあちゃん さま

コメントいただき、ありがとうございます。
ゴールデンちゃんで似たような症状が出たとのことですが、
1年近くも大変な思いをされたのですね。
ひめも、はじめの前十字靱帯を切ってしまってから、もうすぐ1年になります。
この間、症状の変化はまるでジェットコースターに乗っているように、
激しく変化していったため、本当に何が何だか・・・というのが正直な感じです。
とはいえ、一番大変なのはひめ自身ですので、
できるだけのことをしてあげられるよう、これからも頑張りたいと思います。
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR