「余命はあと1カ月、長くても3カ月は厳しいでしょう・・・。」

日本動物高度医療センターに、MRIを受けに行ってきました。

結果を待っていた私達に、担当の医師から伝えられたのは、
「あまり良くないお話をすることになりますので、心して聞いてください」
と言う、あまり予期していない言葉から始まりました。

放射線照射をした脳下垂体腫瘍が、また大きくなっている、という、
予測されない事実が判りました。
そして、細かな説明の後に伝えられたのが、
「余命はあと1カ月、長くても3カ月は厳しいでしょう…。」

・・・ごめんなさい。
まだ気持ちが整理できません。

コメントを寄せてくださったり、応援してくださった皆様、
もう少し気持ちが落ち着いたら、診断内容を整理してアップします。

今はまだ、この事実が受け止められずにいます。
想像がつかないのです。
ひめがいない生活なんて・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

そっか・・・

ひめちゃんの結果・・・・ショックです。放射線治療などでたくさん頑張ってきたのに。でもまだ奇跡があると信じて、ひめちゃんの生命力を信じたいですね。たくさんの愛情でもっともっと長生きして欲しいと切に願います。ひめちゃん頑張れと言わないけど、穏やかな日々がずっと続くよう祈っています!!

Re: そっか・・・

あひる 様

応援、ありがとうございます。

辛いことですが、受け入れないことには前に進めない、
徐々にそういう風に考えるようになってきました。

これからどういうことが起こるのか判りませんが、
願わくば、ひめがなるべく辛い思いをしないように、
なってもらえればと思っています。

No title

はじめまして。

ずっと、ひめちゃんを応援してました。
読み逃げでごめんなさいね。

色々治療して頑張ってる、ひめちゃん
ママさんは心配でたまらないでしょうね。
その気持ち痛いほど分かります。

でも、諦めないでね。
奇跡は不思議なくらいあります。
らぶも、嘘のような奇跡の中で今過ごしてます。

ママさん、パパさん愛情でいっぱい毎日を穏やかに過ごしてくださいね。
心から奇跡が訪れる事を願ってます。

Re: No title

コメント、ありがとうございます。

ひめが前十字靱帯を切ってしまってから、もうすぐ1年になります。
本当に、何が何だか分からないくらい、いろんなことがあり、
それでもひめは頑張ってくれていると思います。

そんなひめが一生懸命生きようとしているのですから、
私たち家族も頑張らないといけませんね。

奇跡、あると良いです。
世の中には、絶対、と言えることは少ないと思っています。

頑張ります!
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR