最期を、送り出してあげるということ

ひめが虹の橋を渡って行ってしまってから、11日が過ぎました。

家の中が広く感じます。
家の中が静かに感じます。
主がいなくなってしまった庭は、とても寂しそうに見えます。

主のいない庭

ひめが亡くなる直前の日曜日は、風も無く穏やかな、
久しぶりに心地よい陽気の一日でした。

日に日に状態が悪くなっているひめに、久しぶりに庭を見せてあげたくて、
抱っこをして外にしばらく出ていましたが、
なんとなくなのですが、ちょうど家族が揃っていたこともあり、
かわるがわるに抱っこをしては、一緒に写真を撮ってみたりしていました。

そして、駆け回っていた庭の土の香りもかがせてあげたくて、
ちょっとだけですが、庭にお座りをしてみました。

庭に出てみる

決して楽そうな表情はしていません。
むしろ、苦しそうな表情だったと、今改めて思います。

このころから、ひめは私達に少しサインを送っていたように感じます。
朝夕の皮下点滴をしようをしたときに、嫌がって歯を手にあててきたり、
強制給餌のad缶に、顔をそむけるようになったり。

それでも私たち家族は、続けなければひめの命がつながらない。
だから、頑張らないといけないんだ。
1日、半日、1時間でもいいから、ひめと一緒にいる時間を
長くできるのであれば・・・。
そう思っていたと思います。

ただ、そんな思いを抑えることができないのと同時に、
偶然お世話になり、ずっとセカンドオピニオンを頂いていた獣医さんから、
「心していただきたいこと」として送っていただいていたメールの文章が、
頭の中にありました。

きっと、この文章は、私だけではなく、
家族としてワンちゃん、ネコちゃんなどのペットがいらっしゃる方に、
残念ながらいつかは必ずやってくるお別れの時、
ふと思い出していただけたら、少し気持ちに整理ができるのではと思い、
綴らせていただきます。


日々のケアと同時に、とてもつらいことですが、
決して無理をさせず、本人の生命の営みを大切にしてください。
動物が自分の死期を選べない状態にすることは絶対に許されません。
もし人間が動物の命を握ってしまったら、
重い重い罪を背負うことになります。

動物が自分の死期を感じたら、
そこへ向かって生きていきます。
というか、死期を感じてもただひたすら生きようとするのが動物です。
どんなにつらくとも生きようとするのが本能です。

毎日毎日、悪化する状態を自分で受け入れ、
それに合わせて生きていきます。
そして家族にはサインを出します。
動物の生命が営まれる時間と人間の時間の速度が4倍も違うために
サインの変化をあまりにも早く感じてしまいますが、
飼主さんにもそれを受け入てもらい、前を向いてもらうようにと、
動物たちが家族を思って出してくれるサインです。
私たちは動物からさまざまなサインをもらって、
準備をさせてもらっていることを忘れないようにしてください。

まだサインを感じないうちは、
たとえ食欲がなくても元気がなくても、
精一杯前へ前へ生きていくことの補助をしてあげてください。
ですが、もしもサインを感じたら、
それをサインと認めようとせずに無視をしたり、
受け入れないで無理をさせたりするようなことがないように、
これが私たちの覚悟です。

愛するから引き止めるのではなく、
愛するから一緒に歩む、最後まで歩むということが、
難しいことですが一番大切なことだと私は思っています。


この文章を頂いたとき、私は初めて覚悟をしなければいけないのだと悟りました。
悲しくて悲しくて、どうしようもありませんでしたが、
引きとめてはいけないのだ、ひめが行きたい方向に一緒に歩むのだと、腹をくくりました。

難しく、そして辛いですが、とても大切な事だと思っています。
そして、そのことを、ひめの最期を迎えるにあたり伝えていただいたことに、
とても感謝をしています。

ひめ 庭の写真

お庭が大好きだったひめが、死の直前の日曜日の昼間に、
家族全員と一緒に庭で過ごした時間は、
きっとひめが送ってくれたサインのひとつだったのだと感じています。

ひめ、そうだったんだよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ひめちゃん、幸せだったよね、素敵なご家族に迎えられて
良かったね。。。

ご冥福をお祈り致します。。。

ご存知かと思われますが、この様なサイトを見付けました。
愛する人を亡くした人の為の100の言葉
http://www.asahi-net.or.jp/~kx5n-kgym/

No title

こんにちは。ひめちゃんがお空にいってもう11日もたったのですね。

獣医さんのメールの文章を拝見して涙しました。

私は先生がおっしゃるようにシルバーを送り出してあげることができるだろうか。

少しでもそばにいてほしいからと言って無理な延命をしてシルバーを苦しませてしまうのではないだろうか。

シルバーを苦しませてしまうのなら延命はしたくないです。

その時にならないときっと難しい問題だとは思いますが・・・。

お庭でのひめちゃん、とっても素敵ですね。

とっても大事にされていたことがよくわかります。

これから暖かい春がきますね。

春の風にのってひめちゃんが遊びにくるかもですね。






私も3月1日にコーギー(雌)のモモが天使になり旅立ちました。まだ1歳でした。
最後の3日くらいは動けない状態でほとんど寝てなかったです。頑張ってたんだなぁ、モモ。
ひめちゃんのご冥福お祈りします。愛情いっぱい受けて幸せだったはずです。

Re: No title

yuki 様

サイト、ご案内ありがとうございます。
きっと今の私は、いわゆるペットロス、なのでしょうね。

まだまだ、いろんなものが手につかない状態ですが、
こうしてyukiさんをはじめ、多くの方に励まされ、
気持ちを少しずつ楽にしていただいていると感じています。
感謝、です。

Re: No title

シルバーまま さま

その後のシルバーちゃんの様子はいかがですか?

最期まで共に歩む、ということは、
私もメールで頂いたときは、そんな時が来ることなど判りませんでした。
シルバーまま様と同じように、少しでも長くそばにいてほしいから、
きっとひめもそれに応えて頑張ってくれる、
そんな風に解釈をしていました。

ただ、・・・
これはその時が来ると、感じることなのだと思いました。
もちろん、ひと時でも離れたくないくらいの気持ちは変わらないのですが、
でも、もういいんだよ、とでも告げてくれているのか、
何かが今までと違う方向に進んでいくことを感じました。

ひめは、庭の花にいたずらすることも無く、
いつも花に囲まれて遊んでいました。
もう少しすると、春の花が満開の時期を迎えます。
きっと、その様子を見に来て、また庭でひと走りしてくれるのでは、と
その時を待ちたいと思います。

Re: タイトルなし

モモ 様

1歳で亡くなってしまうなんて・・・。
まだまだかわいい盛りのときに、残念な事です。

家族として、ひめを我が家に迎え入れることができたことは、
本当に幸せだったと思います。
きっと、ひめよりも、私のほうが幸せだったのかもしれません。
その思いを受け、ひめも幸せだった。
そう思いたいと思っています。

No title

我が家の2匹のパピヨン達は大学病院にお世話になっていて、3月の検査結果は2匹とも芳しくなく、気持ちが折れそうになっていました。

そんな折にひめちゃんのブログを訪れる事が出来た事は『シッカリしなさいね~』って言ってもらった様で、シャキッとしました(*^_^*)

ありがとうございました!

ひめちゃんのご冥福をお祈りしています。

初めまして。
私の娘も2歳から門脈シャントの闘病生活をしています。
もう外科は望める肝臓の状態ではないので内科で頑張っていきます!
お言葉が胸にじんと着ました…そして…胸にささりました…
ありがとうございます!
ひめちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

No title

こんにちは。
2009年秋まで、ひめちゃん宅の近所に暮らし、黒い雑種犬「くろ吉」を飼っていた森と申します。
このブログは、チビキ君の飼い主さんに教えていただきました。
拝読して、私も涙が出てしまいました。

2007年生まれのくろ吉は、若犬の頃は大変なビビリで、早朝か夜の人通りが少ない時間帯にしかお散歩ができませんでした。
いつもは人や車にビクビクしているくろ吉ですが、犬は大好きで、夜のお散歩でひめちゃんと何度か会った際にも、とても喜んでいたのを覚えています。
今でもビビリのくろ吉ですが、ひめちゃんや他のワンちゃんたちに優しくしてもらい、やがてお散歩が大好きになりました。
幼かったくろ吉に、外の楽しい世界を教えてくれた優しくてかわいいひめちゃんには、とても感謝しています。

ひめちゃん、ありがとう。
どうか、天国では元気いっぱいに楽しく暮らしてくださいね。
ご家族の皆様も、どうか、くれぐれもご自愛ください。
皆様の悲しみが一日も早く癒えますように。

Re: No title

rin 様

病院通い、いろんな意味で大変だと思います。
ひめの場合は、あれよあれよという間にいろいろあったため、
考えている余裕も無く、自分では判らないことだらけでしたので、
とにかく先生と連携し、少しでも状態が良くなるようにと
必死で過ごしていました。

こちらがそれだけ真剣だと、先生もとても親身になってくださり、
様子を電話で報告すれば、対処の方法を指示頂いたり、
とりあえずすぐにでも連れてくるように配慮してくださったりと、
私たち家族の思いを応援してくださいました。

ワンコだけでは病院も行かれませんし、
経過観察の様子を伝えるわけにもいきません。

お世話になった獣医さんに言われたことですが、
家で世話をし、一緒になって治療をしていくと、
お話をすることも、触ることも増えることで、
日々の変化に敏感に気づきやすくなり、
状態をつぶさに感じ取れるようになるということです。

飼い主さんでなければ分からないことは沢山あると思います。
どうぞ、頑張ってください!

Re: タイトルなし

かおこ 様

娘さん、頑張っているのですね。

私は娘には、どうしようにも何もしてあげられなかったことが、
一番悔んでいることです。
その分、ひめにはできる限りのことをした、そう思っています。
その思いが、どこか私にとって、ひめへの気持ちの中で
整理できていることだと思います。

応援しています。
どうぞ、娘さんと共に、頑張ってください。

Re: No title

森 さま

お久しぶりです。
くろ吉ちゃん、良く覚えています。

いつもちょっと遅めの時間に、よくお会いしましたね。
最近お見かけしないと思っていましたが、引っ越されたのですね。

暗い夜道でくろ吉ちゃんは、その闇の中に紛れていましたが、
ひめには初めはビビっていましたが、徐々に慣れてくれましたよね。

お散歩が好きになった、とのこと。良かったですね。
くろ吉ちゃんは、コギが好きなのかな?

ひめは残念ながら、虹の橋を渡っていってしまったけれど、
どこかでコギちゃんに会ったときは、
「ひめちゃんとおんなじだ!」と思って、
楽しく遊んでもらってくださいね。

森様とくろ吉ちゃんに、これからも楽しいときがずっと続くことを
お祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR