四十九日と、赤い糸

4月30日、今日はひめの四十九日です。

お世話になった病院の先生方や、ご近所の犬友達、
そしてコギ仲間の方々に、お礼とご挨拶をしてきました。

行く先々で、皆さんがひめのことをもう一度思い出し、
一緒にお話ができたことは、何だか嬉しいものでした。
たいして時間は経っていなものの、何だか久しぶりで。

ひめがいなくなってしまってから、しなくなったことがいろいろあります。
一つ目は、写真を撮らなくなったこと。
撮る対象が無くなってしまったものね・・・
二つ目は、あまり人に合わなくなったこと
散歩に出ないので、犬友達ともなかなか顔を合わせません
三つ目は、腕が細くなりました。
抱っこしなくなったものね。毎日10キロ以上あるひめを抱っこしていたので、
知らず知らず、腕が鍛えられていたようで・・・。

そんなこんなの四十九日、
ひめちゃんカラーのピンクがベースのとても綺麗なお花を頂いたり、
お菓子をあげて一緒に食べたりしながら、ひめと語らいながら過ごしました。
ひめはこれから先も、ずっと私達のそばにいるのよね。

お花を頂きました

さて、「赤い糸事件」なのですが、
実はとても奇妙な事が起きました。

いつものように、ひめにお線香をあげようとして、
ろうそくに火をつけようとすると、
「んんっ!? これはいったい何なの?」
私は一瞬自分の目を疑いました。
その写真がコチラ。

赤い糸?1

判りますか?
ろうそくから赤いろうが垂れ、芯の糸が赤くなっているのです。

拡大してみても

赤い糸?2


「???!!!」

これはいったい何なのか、どう解釈すればいいのか・・・。

お燈明として使われているろうそく。
赤い色の糸など使うわけも無く、ましてや赤いものなど
どちらかといえば「避ける」ものだと思うのですが・・・。

もしかして、糸が赤いのが続いているのか、と思い、
ひっくりかえしても、お尻の部分の糸は白。

確かに糸が赤いのが確認できますし、
その糸の色が伝わって、ろうが赤くなったように見えます。
でも、糸が赤いのはその部分だけ。
何でなのだろう・・・?

私はとても不思議だったため、製造元の会社に電話をしてみました。
すると・・・

電話をとってくださった男性は、「ありえないこと」という話で、
とても不思議がっていらっしゃいました。
私も別にクレームをつけたいわけではなかったので、
判らないなら判らないで、それは仕方ないこと、と思っていたところ、
再度、製造元の女性の方から電話がありました。

その方は製造担当の方らしく、今までにも無いような話であることと、
不良品としてのお詫びとしてご連絡いただいたのですが、
私がとても不思議がっていたことから、いろいろとお話をしていくと・・・。
ふと、思い当ることがある、ということになり・・・。

実は、ろうそくを作る際、白い糸と糸のつなぎ目の部分に、
判らなくならないよう、赤いマジックで印をつけるのだそうです。

その部分は当然カットされるのですが、
偶然にも、そこがカットされずに製造ラインに乗ってしまい。
ラインでは製品チェックを3回かけているにもかかわらず、
赤い部分が使用されてしまったものが作られ出荷されてしまい。

それが私の手元に来て、またまた偶然にも、
ほんの一部分赤いマジックでしるしを付けたところで、
ちょうど一旦ろうそくが消されたため、
「赤い糸」の謎が起こったのだ、という事が真実のようです。

偶然と偶然の、重なりあいのような話。
良い話とも悪い話ともとれるような、奇妙な現象でしたが、
でも、それがひめに使っているお燈明で起こるとは・・・。

この事が起きたのは、新しい子が来ることを決めた直後のこと。
まだ正直なところ、薄ぼんやりと気持ちの中に、迷いも同居している時のこと。
そんな時に、この現象が起きました。

これって、ひめが私達に「赤い糸よ~!」って、言ってくれているの?
それって、今度新しくやってくる子は、
私たち家族と「赤い糸」で結ばれているのよ~!、って、
ひめが教えてくれているの?

この事はきっと、ひめちゃんが、私達が迷うことなく、
新しい子を家族として迎えてね~と、教えてくれたことなのだ。
そう解釈することにしました。

勝手な解釈、と言えば、確かにその通りなのですが、
あまりにも「あり得ないこと」の中で起こったこと。
偶然と呼ぶにはちょっと、ね。

そう思うことで、少し私達の気持ちが落ち着くのも事実です。
ならば、それでいいじゃないかと。

ろうそくは、今、ひめの横に飾られています。

あまりこういう奇妙な事に出会ったことのない私ですが、
今回は、そう思うことにしよう、そう考えています。







スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

赤い糸

もう四十九日ですか。早いですね。
糸の話、なんか象徴的なお話だと思いました。
芯と芯との繋ぎ目がろうそくに入っていたことは、ひめちゃんとちびちゃんを繋ぐということなのではないかしら。それを塗られていた赤い色が溶けだして教えてくれたとか。滅多にないことが起きたのだから、メッセージだと思います。
ひめちゃんからかも知れないし、もっと別の何かからかもしれない。

ちびちゃんが皆さんの気持ちを和らげてくれる日々がもうすぐやってきますね。
もう名前は決めましたか?

No title

はじめまして^^
通りがかりなのですが、これも偶然のなせる技だと思い、コメントさせていただきました。
うちはうさぎですが、3月25日に虹の橋に・・・・

実はこのコがうちへくる前から このコに繋がる偶然の一致が続き そして 今もそれは繋がっていると信じています。

先日も なんでこんな不思議なことが?? というような出来事が・・・・

そう、わたしは このコがまた帰ってくると信じているのです。
でも 帰ってきた子は 当然新しい身体、そして新しい人格(兎格)、でも魂の核となるものは一緒・・・・そう思うのです。

それがいいです・・・

そう考えることで、コギちゃんと、迷いなく新しい生活を始められると思います。

ほとんど起こりえない事例・・・タイミング・・・

やっぱり、そう思うしかないですよ!

ひめちゃんがOK出してくれたんですよ。
GOサイン送ってくれたんですよ・・・きっと・・・

Re: 赤い糸

こぎママ 様

コメント、ありがとうございます。

四十九日は、一般的に一区切りのイメージがありますが、
ちょうど連休でお休みだったこともあり、
この機会に、今までどうしても手をつけられなかったひめの諸々のものに、
ちょっと整理をしてみました。
・・・とはいっても、並び変えたくらいなんですが・・・。

ひめのものは、どんなものでも捨てられなくて。
いまだにキッチンには、闘病中に使ってみた「ブドウ糖液」や「ドックミルク」が
置いたままになっています。

それでも、今回のことをすこし、心にとどめておくことで、
半歩くらい、前進できたような気がします。

チビコギの名前、ですよね。
うーん、これでいいのかな~、と考えているのがあります。

Re: No title

ゆーしゃん 様

立ち寄っていただき、ありがとうございます。
まだまだ悲しみに包まれている最中だと思います。

人間もそうですが、動物だって何かしらの縁があって結ばれている、のですよね。
ひめも子犬で家に来た時は、「きっとこの子はここに来る運命だったのだ」と
思うようなことがいろいろありました。

きっとゆーしゃんさんのところにも、うさちゃんは帰ってくると思います。
このつながりは、きっと姿形だけではなく、魂のつながりなのかもしれませんね。
私達の魂と繋がっているのかもしれません。

Re: それがいいです・・・

しし丸とーちゃん 様

毎度、ありがとうございます。
様々な経過を知ってくださっている方に、そう言われると、
何だか、安心します。

そんなに、私はゲンを担いだりするタイプではないのですが、
さすがに今回のことは、ぐっときました。

それだけに、きちんと考えてみよう、そう思ったのですが、
やっぱりひめのサインなんですよね。
きっと・・・。

No title

凄い偶然ですね!!
ほんと…微妙に迷いの気持ちもあるひめchanままさんに…ひめchanが背中を押してくれたかのような!!
あたしも…そぅ解釈します。
ひめchanままがそぅ解釈したのなら~それは絶対ひめchanの思いでもあると思います!
不思議ぃ!!
でも~なんか~変な気持ちではなく…嬉しい感じがします。

あたしも今日は~リーchanとゆっくりお話ししますね。

初めまして・・・

初めて、コメントさせていただきます
きなははと申します
我が家のコーギーきなこは
3月25日 12歳4カ月で虹の橋を渡りました・・・

ひめちゃんと同じ時期に闘病生活を送っていて
ひめちゃんのブログは拝見していたのですが
ずっと読み逃げばかりでした・・・
でも、ひめちゃんも頑張っているので
きなこも頑張ろう!!と思いながら
拝見しておりました

ひめちゃんが虹の橋を渡られて
10日後、きなこも虹の橋を渡ってしまいました・・・
悲しくて悲しくて、しばらくどなたのブログも
拝見することはなかったのですが
先日、ひめちゃんのブログを拝見すると
愛知県のブリーダーさんのところへ
3月15日生まれのパピコギちゃんを
見に行くと書かれていて「ビックリ!!」
だって私もひめちゃんのママさんが
見に行かれた1週間後に
そのブリーダーさんのところに
行く予定だったから・・・

もしかしたら、違うのかもしれませんが
私は直感で、「あっ、ひめちゃんのママさんと同じ思いなんだ」
って、厚かましくも思ってしまったのです(すみません<m(__)m>)
間違っていたら、恥ずかしいしご迷惑なので
これ以上は書きませんが
(もちろん、ブリーダーさんに個人情報はいっさい伺っておりません
 私の勝手な想像です)
ひめちゃんのママさんが会いに行かれたのは
3月15日生まれの「とまとbabyちゃん」たちでは
ありませんか??
もし、もし、そうであれば
コメントのお返事楽しみにお待ちしております(^v^)

No title

本当に「運命の赤い糸」って繋がっているのですね。
ひめちゃんが送ってくれたサイン…羨ましいです…。
私は、そう言ったものを感じられずに、今の子達との生活を始めたので(^_^;)

パピコギちゃんとの生活で、写真をいっぱい撮ったり、お散歩にも行って季節の移り変わりを感じたり、また素敵なワンコ生活が送れますね♪
きっと、いつも側にはひめちゃんがいて見守ってくれることでしょう…。

Re: No title

りーchanまま 様

普段から、あまり迷信めいたことなどには興味も無く、
深入りするようなことはないのですが、
さすがに今回のことだけは、引っかかりました。

こういうことが起こる、という事実関係は判っても、
いろんな偶然が重なりあわないと起こらないことだけに、
不思議ですよね。

それだけに、この事を流さずに受け止め、
きっと良いことの暗示なのだと思ったほうが、
嬉しいですものね。

私も連休中は、ゆっくりとひめとお話しようと思います。

Re: 初めまして・・・

きなはは 様

はい!大当たりです!!

実はコメントの途中まで読んでいるところで、
「あ、このきなははさんは、ビーチママのブログにコメントしている人だ!」
と判りました。
私もあちらのブログは拝見していますので・・・!

ひめと時期を同じに闘病生活を送り、そして見送られたのですね。
まだまだお辛く悲しい気持ちだと思います。私もまだまだそうですから。

そして、新しい子を見にいきたくなる、その気持ちもとても良く解ります。
まだこんなに悲しいのに、どうしてなのか、良く解らない時もあるのですが、
どこかでひめと出会える、そう信じているからなのか、
どこかで私のことを待っている子がいるのではないか・・・
そんな気持ちにもなってしまうのですよね。
違いますか?違っていたらごめんなさい。

3月15日生まれの、とまとbabyちゃん達を見学させていただき、
(当日は、あたるちゃんのbabyも8頭いて、合計16頭!!
 もう、こちらも大フィーバーしちゃいました)
その中の女の子を新しく迎え入れることにし、お願いしてきています。

きなははさまも、その後は見にいかれたのかしら?
もしかすると、お話が進んだりすると、
コギ同士が姉妹関係になったりもするのかしら!?
そしたら楽しいですね!

きなはは様と同じように、ブログに書き込みを頂いている方で、
その方とも偶然に、同じブリーダーさんを同じ週末に、
訪ねていることが判ったりもしました。
ただの偶然と言えばそれまでですが、
こういうこともご縁と考えると、何だか楽しいですよね。

きなはは様、これからもよろしくです!
そして、楽しいコギ生活を、どこかでまた始められますよう、
応援しています!



初めまして

遅い時間に申し訳ありません。実はうちのシーズーも脳腫瘍で放射線治療をしていました。その頃は辛くてコメントも残せなかったのですが ブログはずっと拝見して励まされたのと同時に同じ気持ちでいました。うちの子は延髄の脳腫瘍で、去年の10月位から足を引きずるような仕草があったのですが関節炎だと思いこんでその治療を行なっていて2月にMRIをして脳腫瘍だと気付いてから放射線治療を行なったのですが最後まで出来ずに3月末に7歳3ヶ月で亡くなりました。私はまだ結婚してなく、運命的な出会いをしてから大地震が来て親元に戻るまでずっと2人の生活でした。本当に一緒にいるのが幸せで幸せで、私の人生全てで今でも亡くなった事が現実なのかわからなくなる時があります。でも色んな本や話を聞いて今はまたみゅうが生まれ変わってくれると心から信じています。心がそう感じるんです。色んな考え方がありますが本人が心で感じた事が一番大切だと思います。

Re: No title

しょこたん 様

運命の赤い糸、こういう風に感じたのは初めてです。
(旦那とも感じたことがあるわけでもないですし・・・(*^_^*))

私の場合は、象徴的な事が偶然起きたのだと思います。
そして、しょこたん様のところでも、家族となる子とは、
また違った形で、運命として結びついていたのだと思います。

5月下旬には、パピコギで大騒ぎの生活になるのでしょうが、
何せ1回お目にかかっただけだからか、
時間が経つにつれ、実感が無くなっていくような。

でもきっと、ひめがそっとパピコギちゃんに、
いろんなことを教えてくれるのではないか、
な~んて期待しています。

Re: 初めまして

みゅう 様

私も夜更かししていましたので、書き込み、すぐに拝見しました。

シーズーちゃん、脳腫瘍だったのですね。
お辛い気持ち、とても良く解ります。

ひめも、初めは前十字靱帯断裂の大けがから始まりましたが、
脳腫瘍を突き止めるまでに3カ月以上かかりました。
その後すぐに治療を開始しましたが、あいにく、腫瘍のほうが強かった。
結果的には、治療を開始して半年、ですね。
その時間を、私達は治療を通じで手に入れたのだと思っています。

ただ一番辛かったのは、もっと早くに発見してあげられなかったこと、です。
もっと早くに気づくことができれば、もっと長く一緒にいられたのではないか、
そう思ってしまうことでした。
そういう意味では、脳腫瘍は厄介ですよね。
見える部分の病気なら、日頃から気にしていれば、幾らでも気づくチャンスがある。
でも、脳腫瘍は見えないものですからね。

まだまだ辛い時期だと思います。
私も、子供を亡くした後にやってきたコギなので、
果たせなかった愛情をすべて注ぎ込み、この8年間を過ごしてきました。
何にも変えられない、私の宝でした。

出会いは、きっとどこかであると思います。
それは仰るように、その人が感じることだと思います。

悲しい気持ちはなかなか消えないと思いますが、
その気持ちを片方の手で持ちながらも、
もう片方の手では、新しい生活を探っていくことも大事かなと。

応援しています!

ひめこちゃん?

「ビーチ晴れ」で紹介されていた、ひめこちゃん・・・
この子が、新しく迎える予定の子でしょうか?

でしたら・・・すっごい「器量よし」ですね。
美人になりますよ~(笑)

センターブレーズに、脳天にしずく模様?
しし丸に、少し似てます。

もし違ってたら、ごめんなさい。

Re: ひめこちゃん?

しし丸とーちゃん 様

フッフッフ・・・。
判りましたか~~~? 正解です!

「ビーチ晴れ」に登場しているひめこちゃん、
この子が今度、新しく家族になる子です。
なので、ひめの後を継いでもらう意味も含めて、
「ひめこちゃん」にしました。

四十九日が過ぎ、少し気持ちも落ち着いたので、
次回のブログアップのときに、ご紹介をしようと思っています。

ところが、はるばる5時間車を飛ばし、知多半島まで会いに行ったときに、
しっかりデジカメもって、パピコギを撮る気満々だったにもかかわらず、
目の前に16頭のパピコギと10頭の大人コギがいたら、
もう、気分が思いっきり舞い上がってしまい、
「写真」という文字が一切頭から消えてしまいました。
そのため、一枚も写真がなくて・・・。

「器量よし」ですか~? 嬉しいです。
しし丸君とも、確かにセンターブレーズの感じが似ていますね。
ただ、ひめこはカラーの白があまり入っていないので、
どちらかというと地味めな感じです。

でも、ほんわかとした感じが、なんとも癒される感じで♪

ちょっとだけですが、ブリーダーさんから頂いた写真があるので、
それでブログでもご報告しますね!




No title

はじめまして

偶然ひめちゃんのブログに出会い読ませていただきました

私もこの5月1日に黒シュナのれんを虹の橋に送り出した

ところです。

ひめママのお気持ち痛いほどわかります。

3月25日の獣医さんのメール・・・

私も仕事をしてまして休みに入った日の朝

れんは急変しました

獣医さんのお言葉が胸にしみます

もしよろしければ私のブログで紹介させていただいてよろしいでしょうか?

はじめてコメントなのに唐突で申し訳ありません

二次元も悪くないけど・・・

Hjn7Y055
二次元も悪くはないんだけど・・・
やっぱ、三次元っしょ
http://979Lj28d.www.ma3ji.mobi/979Lj28d/

ありがとうございます。コメント胸に染みました。

Re: No title

KUROMI 様

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

愛する家族を亡くされた辛いお気持ち、痛いほどわかります。
まだまだ、お日にちも浅い中では、日常生活そのものが
辛いものにお感じだとお察しします。

私自身、かれこれひめが虹の橋を渡っていってしまってから、
もう少しで2カ月になるのですが、
それでも毎日、ひめのことを思っては泣いてしまいます。

新しい家族が来ることになっていても、
ひめがいない寂しさと悲しさは、変わらないのだと思います。

獣医の先生からいただいたメールの文章、
私が勝手に「心していただきたいこと」と名前を付けましたが、
とても大切な事を教えていただいたと思っています。

私の場合は、まさにその時を迎える直前だったこともあり、
本当に何度も何度も読み返しました。
読み返すたびに、涙で文章が見えなくなり、
それでも自分に言い聞かせるように繰り返し読んでいましたが、
今ではすっかり文章を記憶してしまいました。

別れは、いつかは誰とでも起こること。
この文章をご覧いただき、動物と暮らすご家族の方にとって、
何か心の整理のお役にたつことがあれば、
とても嬉しいことだと思いますし、
私もブログでご紹介させていただいた甲斐があったと思います。

まだまだお辛いことと思いますが、
どうぞ、ゆっくりと元気になってくださいね。

No title

おはようございます

お忙しい中返信ありがとうございます

ひめママの優しいお言葉身体のなかをぐるぐる回ります

またれんがどうして虹の橋にいってしまったか?

あまり追求したくないですがでもわかりたい

でも暖かい気持ちでいたい

どうしたらいいんでしょうね

ごめんなさい。愚痴ってしまって

またパピコギちゃん紹介待ってますね
プロフィール

ひめまま

Author:ひめまま
巨大な脳下垂体腫瘍を患い、高度治療を受けながらも2012年3月に虹の橋を渡っていった愛娘ひめの、とっても頑張った闘病記録と、運命の出会いで我が家にやってきた二代目ひめことの、コーギー生活をまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR